土門拳 記念館

4/27

昨日は湯野浜の共同浴場までは良かったが,その後がいけなかった。風呂から出たときは外は暗くなっていてテントを張る場所を探すのにひと苦労した。

結局、バス停の待合室で泊まることにした。ただガラスが2面割れているので外の外気がそのまま入ってきそうだ。他に行く当てもないので我慢するしかない。夜が更けるにつれて風が強烈になって来た。トタンを叩く音や風がビュービュー鳴り、寒さも半端ではない。あまり寒いので、ほとんど寝れなかった。

朝は時間を勘違いして4時に起床して5時にスタートした。相変わらず風が強く、武蔵号を引いて歩くのは大変だ。足の方は若干痛みは治まってきたが相変わらず痛い。

しばらく歩くと612号に出た。松の保有林が多く、砂浜の畑やビニールハウスが永遠に続いている。大きな国道を歩くよりは、ましだがあまり変化のない景色が続く。

9時過ぎ道路に人が何人も立っているので何事かなと思ったら山形県縦断駅伝の日だった。新聞社の人が来て、応援の旗を道沿いにいる方に配っていた。もう少しでランナーが来ると言うので暫らく待つ事にいた。

せっかくなので写真を撮ろうとカメラ構えて待っていた。仰々しく先導車や白バイ、警察、がゆっくりと現れた。その後にランナーが元気一杯で走って来た。一瞬だったがどうにかシャッターを2枚切
った。

今日の最大目的は土門拳の記念館だ。、今、好きな写真家はと聞かれたら一番に一番に土門拳の名前を挙げるだろう。ドキュメンタリーの写真は私が最も好んで撮る被写体のひとつなのだ。

今回、地図を見ていたら偶然見つけて是非行って見たいと思っていた。丁度時間的にも良ささそうなので寄ることにした。これが時間帯がずれていれば行くことは出来なかった。やはり日頃の行いが良いせいかもしれない。冗談だが。

記念館は116号から少し入っ所にあった。それらしい所まで言ってみるとなんと休館の表示が出ていた。「えー 本当に休館?」と思っていたら、それは美術館の方だった。

記念館はもう少し先の方だった。良かったと思いながら歩いていると急に風が強くなり、前にも進めないぐらいの強さになった。土門拳が「お前みたいな若造に俺の写真を簡単に見せるわけに行かないぞ」と言っているように感じた。こちらも「そんな風ぐらいで簡単に引き下がるわけにはいかない」と風をグイグイ押しのけ進んでいった。

記念館は角ばった建物で飾り気のないどっしりとし風格を漂わせていた。その前には大きな池が包み込むようにあり、鴨が2羽泳いでいた。

遠くの背景には東北で 一番高い鳥海山が白く雪化粧して見下ろすように鎮座していた。せつかく来たので武蔵号と一緒に記念写真を撮った。

内部に入ると圧巻だった。酒田市のゆかりの写真から、古寺巡礼、女優と文化財、土門拳の仕事その他、ありとあらゆる写真が所狭しと並んでいる。

ただ単に撮ったのでなく作品から気迫が感じ取れる素晴らしい作品だった。私も負けないように今の日本を気迫を込めて撮らなければと肝に命じた。

昨日、友人から酒田市に着いたら本間家旧本邸が近くにあるのなら是非寄っていったが良いよと教えてくれたので行って見ることにした。少し手前に山居倉庫(昔の米倉)があり川には今では珍しい木に橋がかかっていた。面白くて何枚かシャッターを切った。

本間家の方は本邸にはいかず前にある、資料館のような所を見学した。内部の古い道具類は古いだけではなくどれも格調高気品の溢れていた。やはり友人が行っていたように行って良かった。

今日は酒田駅まで歩こうと思っていた。テント泊が続いているし足の状態もあんまり芳しくないので休憩をかねてビジネスホテルに泊まることにした。駅から2分ぐらいでいけるステーションホテルだ。料金も割と安いしゆっくり出来そうだ。


            今日の写真
 

                             きれいな保安林
f0213613_18443573.jpg


                  松の木です   差し込んだのではありません。生きています。  
f0213613_1845481.jpg


                             山形縦断駅伝
f0213613_18453624.jpg


                            土門拳記念館 全貌   
f0213613_18461044.jpg


                            入り口で記念写真
f0213613_18464679.jpg


                              館内の様子                
f0213613_18473744.jpg


                         記念館から望む鳥海山
f0213613_1848374.jpg


                            山居倉庫と木の橋
f0213613_18483022.jpg


                             本間家旧本邸
f0213613_18485073.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-27 17:25 | 山形県  

<< 僕の細道   春男 場所 武蔵号化粧直し >>