風の襟裳岬

5/26 曇りのち強風

昨日は久しぶりに旅館に泊まった。襟裳町の新井旅館だ。古くてあまりきれいな旅館ではなかったが電源があり、フトンで寝れれば文句なし。素泊まりなのに夕食のおかずを作ってもらい手持ちのレンジ3分のチンごはんと缶詰めで夕食を食べる。

これから先の襟裳岬から釧路までの黄金道路が雨で土砂崩れの可能性があるので通行禁止になっている。自転車日本一周人の栃尾さんはこの雨のため襟裳の民宿で足止めをくらっているらしい。

この先の事はよく分からないので取り合えず襟裳岬の民宿で行くことにした。旅館を6時半スタート。しばらく歩くと又、コンビニがあった。今日で3日連続で歩き始めにコンビニがあり、コンビニ朝食の連ちゃんだ。

襟裳は風が強いと聞いていたが半端ではなかった。歩くにつれて風が段々強くなり行く手を拒んだ。方法を見失った風が前後左右から唐突に吹くので、体は不安定になりフラフラだ。

さらに風が強くなり、風と言うより台風並みの風が「ゴウー ゴウー」と唸るように吹きまくって来た。まともに歩くことも出来ず、ほとんど前に進めない。風の通りの良い箇所は横風で武蔵号が浮き上がり一緒に飛ばされそうになる。

さらに風の強さが増し立っておられなくなり道路に座り込んだ。立ち上がる事も出来ずしばらく道路に座ったままで風の弱まるのを待った。又、風が追い風のときは登りの坂道なのに、走るように坂をかけて行く自分を見て笑ってしまった。

台風でもこんなに強い風を経験したことはない。多分、風速30メートル以上あると思った。襟裳岬は10m以上の強風が年間290日吹くといわれている。自然の厳しさを、まざまざと見せつけけられた。

襟裳岬の民宿に着いたのはスタートしてからなんと4時間半もかかってしまった。通常だと3時間の距離だ。民宿の前で自転車一周人、栃尾さんが笑顔で迎えてくれた。まさか又、会えるとは思わなかった。今日で3日目の缶詰生活だそうだ。

ここは以前、ユースホステルだったが今は民宿として営業しているようだ。全盛期の多いときは1日・200人以上の人が宿泊していたらしい。内部の壁には記念写真やサイン、色紙等が所狭しと並んでいる。

簡単な昼食を取って少し休んでから襟裳岬まで栃尾さんと行くことにした。岬までは1km前後、相変わらずの強風だったが武蔵号がないので少しは楽に歩けた。

岬には風の館と言うのがあって入場料を払って入館した。取り合えず螺旋階段を登って展望台に出た。強烈な風で飛ばされそうになりながら、襟裳岬の表示板の前で記念写真を撮りあう。

少し横にあの拓郎作曲の襟裳岬の歌碑があった。この前で是非、写真を撮りたいと思っていたので栃尾さんにシャッターを切ってもらった。

内部では襟裳を紹介した映画が上映されていたので、それも見ていった。二人で来たので記念写真も撮れ、楽しいひと時を過ごせた。

今日は栃尾さんと同室の部屋で宿泊だ。2段ベットが8段あるログハウス風の部屋でテレビとストーブが設置されている。

夕食はライダーのバイクおじさん二人と栃尾さんの4人でここの手料理を囲んで楽しく食事をした。今日は栃尾さんの62歳の誕生日だ。みんなで乾杯してお祝いをする。

料理は新鮮な魚が中心で非常に美味しかった。食事のあとに三重県のバイクおじさんから宿泊施設の載った本を頂いた。ありがたい事だ。

ここの宿泊施設にギターがあったので皆の前でたくろうの襟裳岬を歌う。皆から拍手をもらい幸せな気分になる。旅とは本当にいいもんだなーと思った。


       今日の写真


                  日高線 最終駅  様似駅
f0213613_22242669.jpg


                  襟裳 黄金道路 通行止め
f0213613_22245218.jpg


                  襟裳町山裾
f0213613_22365527.jpg


                  こんぶ取り作業
f0213613_22355175.jpg


                 こんぶ取り作業
f0213613_2236229.jpg


                  熊笹の山
f0213613_22254433.jpg


                  きらめく海
f0213613_2235238.jpg



                  襟裳岬の海 (アザラシ生息している)
f0213613_22372749.jpg


                  強風の中のスナップ
f0213613_22261558.jpg



                    森進一の写真とサイン
f0213613_2229178.jpg


                   拓郎 襟裳岬の歌碑の前で
f0213613_22265063.jpg


                   記念写真                 
f0213613_22271738.jpg


                   民宿の食事風景
f0213613_22292866.jpg


                   民宿のおかみさん
f0213613_22275780.jpg


                  本日の料理
f0213613_22282579.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-05-26 22:06 | 北海道  

<< 黄金道路 雨の襟裳町 >>