岩手県の中学生は偉い  宮城県突入

7/23 晴れ



昨日は大船渡市盛町の盛川の河川敷にテントを張った。下がコンクリートで大きな丸い運動場のようになっていてベンチが何箇所かある。テントはベンチの前に張った。

今日は無風状態で中に入るとジメジメとして非常に暑い。テントの扉を開けると冷気が入ってくるが虫が入るので僅かな隙間を開け寝た。夜は思ったより暑くなく、どうにか眠れた。

4時半 起床。靴底の磨耗が限界にきている。特に右足の磨耗が激しく、下地が少し出ている。この辺りは修理する靴屋さんもないので自分で修理することにした。

道路に落ちていたチューブを磨耗に合わせて切って、接着面をコンクリートで擦り表面をザラザラにし、先日買ったゴム用の接着剤で張り合わせた。今日一日履いて、剥げなければOKだ。

5時35分にスタート。朝からガンガン照りの天気だ。しばらく行くとコンビニがあったので今日はパンと牛乳で朝食を摂る。

7時半頃、通学中の中学生に会う。学校は地元の大船渡中学だ。手にビニール袋を持って何かしているようだ。よく見るとゴミを拾っているようだ。聞いてみると学校の授業の一環で通学中にゴミ拾いをしているらしい。

自分で人が捨てたゴミを拾えば、本人は捨てないと思うし、結婚して家庭を持っても子供も捨てない。こんな素晴らしいことはない。このゴミ拾いをすべての中学に横展開すれば日本中のゴミは半減出来ると思う。

しばらく歩いていると道路横の民家のおじさんが頑張ってと言ってサイダー2本頂いた。ありがたいことだ。しばらく行くと道路の反対側に両手にステッキを持って元気に歩いているおじさんがいた。こちらに気が付いて話かけてきた。

日に焼けて健康そうな顔で体格も良い。8年前に自転車で日本一周をしたそうで、その年の夏は温度が非常に高く35℃近くあったそうで、暑さ対策で4時にスタートして14時に走るのを止めていたと言っていた。なるほど、そんな方法もあったのかと思った。

8時40分に道岡峠にさしかかる。峠の長さは3kmあるようだ。暑い上に坂が続き先が思いやられる。峠の上まで1時間近くかかった。

陸前高田町に11時に着く。、ドコモショップがあったので電源を借りてブログ更新、ここは冷たいお茶やジュースもあるので時々利用させていただいている。しばらく行くと高田松原の道の駅があった。ここはあの有名な千昌夫、村上弘明の出身地のようだ。少し休憩して先を目出す。

昼過ぎからガンガンの暑さになってきた。多分温度は35℃近くはあると思う。あまり暑いのでバンダナを濡らし帽子の後ろに垂らして歩く。10分もしないでバンダナはカラカラに乾いてしまう。アクエリアスを小まめに摂り熱中症にならないように歩く。

15時過ぎ、スーパーで買い物、バナナや安い弁当があったので買う。しばらく行くと木陰があったので弁当のごはんをお茶漬けにして食べる。

宮城県に入ってから、しばらく行った所で自転車に乗ったサングラスをかけた30代ぐらいの男に声を掛けられた。あのミスターマリックに似たような怪しい雰囲気の人だ。

武蔵号の日本一周を見て いきなり「本気!?」と言った。私は日に焼けた腕を見せれば分かるだろうと相手の腕の横に出した。するとその男は日に焼けた手を見せて「たいして変わらねえじゃねえか」と言った。確かにあまり変わらなかった。

今度は「どこから来た」と聞いてきたので私は「九州からスタートして北海道を回って今戻っている所です」と言った。するとその男は突然大声で「ハハハハ」と笑い出した。

私は「何が可笑しいですか」と聞くと「今時こんな事をしてもはやらねえな」と言い出した。私は「はやる、はやらないは関係ない」と言うと「よほど暇でする事がねえんだろうな・・・」と言い出した。

よく言うなと思ったが「暇で歩いているのではなく、目的があって歩いている」と少し怒った声で言うと「ああそうか」と言って、「じゃあ達者でな」と言って自転車で去っていつた。私は面白い男もいるもんだなと思った。

今日の目的地は気仙沼だ。出来れば16時頃までに歩きを止めたいと思っていたが、そうはいかないようだ。長い峠が待っていた。思っていたより峠は長く、喉はカラカラ汗がダラダラだが何事も修行だと思って歩いた。

しばらく行くと上の方からタイコのような音が聞こえて来た。「ドンドコ、ドンドコ」と音が続けて鳴っている。水の音かなと思ったがそうでもないようだ。

坂の上の方に少し広場があり、男がタイコを叩いていた。話を聞いてみると和太鼓の全国大会があるので練習をしているらしい。この方は和太鼓集団「気仙酔鼓伝」の代表者だった。広場の横に大きな太鼓の道場があり、中に太鼓が何台も置かれている。記念に写真を撮らせていただいて、さらに先を目出す。

少し歩いたところで車が停まった。「頑張ってください」と言って、冷たく冷えたアクエリアスを頂いた。地獄に仏とはこの事だと思った。一気に飲み干してしまう。

気仙沼に18時に着く。この暑い中を12時間以上も歩いてしまった。コンビニに公園の場所を聞いて言って行ってみたが住宅地の中の小さい公園だったので諦めた。仕方ないので今日は近くの旅館に泊まることにした。素泊まり4,000円だったが値切って3,500円にしてもらった。



今日の写真


              お世話になった盛川の河川敷
f0213613_21524114.jpg


                自分で修理した靴
f0213613_2153261.jpg


             ゴミ拾いの大船渡の中学生  
f0213613_21533426.jpg


            千昌夫のふるさと 高田松原
f0213613_21535651.jpg


                 宮城県突入 
f0213613_21542630.jpg


             峠の石碑
f0213613_2221063.jpg


                  海の神様
f0213613_2223577.jpg


                   緑の草 
f0213613_223578.jpg


               典型的な日本の漁村風景
f0213613_2233159.jpg


                   和太鼓の道場
f0213613_2235193.jpg


              気仙酔鼓伝代表の菅野さん
f0213613_224548.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-07-23 21:46 | 岩手県  

<< 猛暑の中の歩き 修行の道 >>