湯本温泉河川敷のテント泊まり

5/17  晴れ

虹ヶ浜の海岸は波の音を枕にして眠った。時折花火の音がしていたが快適に眠れた。朝、5時起床。少し下痢ぎみだったので松林の中で用を足す。砂ですべて埋めたので跡形もない。


今日も暑そうだ。毎日毎日こんなに暑くては歩くどころではないと思うが、暑くても寒くても前に進むしかない。30分もしないでコンビニ、店の前で弁当を食べていたら、地元の若者がいたのでこの先の道のことを聞いた。

海岸の道路は途中で有料になるので自転車や歩きは通れない。どうも1号線の箱根を峠越えしなくてはならないようだ。弁当を食べて歩こうとしたら先ほどの若者の一人が「おじさん頑張って」といって冷えたお茶をくれた。今の若者も捨てたもんじゃない。お礼をいって別れる。

途中から旧道に入る。旧東海道のようだ。大磯町7時につく。しばらく行くと、鴫立庵(西行法師の「心無き身にもあはれは知られけり鴫立澤の秋の夕暮れ」で有名な所で日本三大俳諧道場の一つと書かれている。


まだ昼前だというのにうだるような暑さだ。このまま歩いていると倒れそうなのでマクノナルドで少し休憩することにした。昼食兼休憩兼ブログを行う。

食事をしていたら、子供連れの母親が来た。「先ほど車で見かけたのですが、子供がどうしても会いたいと言うので来ました」と照れながら言った。

横に小学生の男の兄弟がきょとんと立っていて珍しそうな顔をして私を見ていた。私は子供たちに「北海道では熊やきつねに出会ったよ」と説明すると「いいなー」と羨ましそうに言った。

おかあさんにブログのことを説明してブログのタイトルを書いた紙を渡し店を出た。するとお母さんが店から出てきて「帰ってからブルグ見ます、気をつけて」言って店内に戻った。


さあ歩こうと思ったとき写真を撮ってないことを思い出し又、店内に戻った。外で子供たちの写真を撮ろうとしたらおかあさんがシャッターを切ってくれるというので子供たちと並んでカメラの前にたった。ブログに載せますので見てくださいといって別れた。


14時前、近くに小田原城址があったので行ってみる。城内は広大な広場があり、歩いて回るだけで疲れてしまうほどだ。さらに天守閣が坂の上で武蔵号を引いて上がるとくたくたになってしまった。記念に写真を何枚は撮る。

湯本温泉の手前でスケートボードを乗って旅をしている若者がいた。まだ20代の若者だ。東京からきて大阪までボードでいくそうだ。「今日はどこまで」と聞くと「沼津まで」と日に焼けた顔で答えた。「名前は」と聞くと、「平凡な山田です」と答えた。私は「名前が平凡でも物まねをしないで自分のスタイルで旅をしているのは素晴らしい事だ」と言った。

沼津までは少し無理に思えたので私は「あまり無理はしないがいいよ、私も2日目に無理をして入院騒ぎになった」と言うと、「そうですかと言って頭をうな垂れた。私は温泉近くで泊まる予定、彼はまだ先の行くので、記念写真を撮りあい分かれた。

湯本温泉に16時過ぎに着く。河川敷にテントを脹れそうなので今日はここで泊まることにした。温泉街に食堂で夕食を食べてブログ更新、少し暗くなってきてから河川敷に降りてテントを設営。

風呂に入りたかったがどこも高いので川原でタオルを濡らして身体を拭く。これですこしはさっぱりした。どこの観光地でも同じだがアジア系の観光客が非常に目立つ。私がテントを張ってる近くにアジア系のアベックが手を握ったり話したり、空を見上げたり、見つめあったり、何時間もそんな動作を繰り返している。よく飽かないものだ。

夜テントの中は蒸し風呂状態だったが時間が経つにつれて温度が少しずつさがり10時過ぎにはどうにか寝れるっ状態になった。

今日の写真


             お世話になった虹ヶ浜
f0213613_1936048.jpg



            お茶をくれた地元の若者
f0213613_19362270.jpg


           
             東海道のたて看板  
f0213613_19364373.jpg



                 松並木
f0213613_19474019.jpg


               鴫立庵
f0213613_19475958.jpg


              大磯町 海の町らしい 風景               
f0213613_19482026.jpg


   道路沿いの民家にあった彫刻 素晴らしく感動したので許可をもらい撮った
f0213613_19484943.jpg


           小田原城
f0213613_1949851.jpg



            マクドナrツドで会った兄弟
f0213613_1937256.jpg


            スケートボードの旅人 山田君
f0213613_19372240.jpg


            俳句でも書いているんだろうか
f0213613_19493121.jpg


             同じ引き車と記念写真
f0213613_19373737.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-08-18 14:43 | 神奈川県  

<< 最大の難所 箱根の山は天下の剣 旧東海道を歩く >>