歩けない道

9/16 曇りと時々雨



昨日は従兄弟の家にお世話になった。朝は全員でパン食を食べる。昼のおにぎり弁当まで作ってもらい随分お世話になった。出かける前に全員で記念写真を撮り8時50分ニスタート。国道29号線まで従兄弟の夫に歩いて送ってもらう。

この道は沿岸に近いので工場や町工場が多く、商店等は少ない。1時間ぐらい歩いて国道43号線の方に左折する。少し歩いていくと道が高架になっていて自転車や徒歩は進めない。

仕方ないので下の道を進む。ところが途中から道が階段になっていて徒歩や自転車はどうにか行けそうだが武蔵号では進めない。43号線から神戸の方に行くのが一番近いそうだが、リヤーカーを引いて歩けないので諦めるしかない。

通りがかりの人に聞いて、途中から43号に入る道を行こうとしたが、道が複雑で分からなくなった。しばらく行くと交番があったので道を聞いた。2号線に出るのが一番間違いないだろうと言うことで、取り合えず2号線を目指して歩くことにした。

途中2回ほど交番で道を確認して着いたのが13時半、うろうろ歩き回ったので2号線に出るまで2時間近くもかかってしまった。大阪の町は方向音痴の私にとってまるで迷路のようでさっぱり分らない。

14時前に従兄弟に作ってもらったおにぎり弁当を道路横の軒下で食べる。おにぎりは全部で5個もあったので一度に食べきれず、後で又、食べることにした。

14時50分、兵庫県尼崎に入る。これから四国に渡るまで宿泊する場所を探すのに苦労しそうだが、前に黙々と進むしかない。

16時50分、マクドナルドがあったのでブログの更新、近くにいた若者にこの先のネットカフェの有無について尋ねていたらこの先の川の河川敷にテントを張れる場所があり、道路の反対側にまつ屋(牛丼店)もあるよと教えてくれた。ブログ→夕食→テント泊の最高の流れではないか。お礼を言ってブログのタイトルを書いた紙を渡す。

5分も歩かないで川に着いた。川の名前は武庫川だ。河川敷にはジョッキングやウォーキングをしてる人が後を経たない。スロープのある道を下っていくと河川敷に出た。川側にウォーキングをする道が真っ直ぐ伸びていて、その横は芝生のようになっている。テントは芝生のような所に張ることにした。

テントを張ってその前にイスを置いて座りしばらく夕暮れの爽やかな風の中に身をまかせた。先ほどの若者のおかげで至福のひと時を楽しませてもらった。時間があったのでギターを出して久しぶりに歌った。いくら大声を出しても迷惑はかからないので、拓郎のメロディーを思い切り歌った。夜も涼しくて快適だった。



                  今日の写真


                お世話になった従兄弟夫婦と京都の従兄弟
f0213613_1232202.jpg



                兵庫県に入る
f0213613_12325176.jpg



                 京セラド^-ム
f0213613_12373045.jpg



                   淀川
f0213613_12374818.jpg



                缶集めの青年 まだ20代だ
f0213613_1238544.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-09-16 17:46 | 大阪市  

<< すき屋三昧 大阪の従兄弟 >>