カテゴリ:福井県( 5 )

 

初めてのバス停泊

4/9 曇りのち晴れ

昨日は越前町宿のバス停を借りた。武蔵号を入れてテントをどうにか張れた。ここのバス停の名前は宿なので、ここで宿してもおかしくはないだろうと思ったがそうは行かなかった。近くの商店でカップラーメン、天ぷらを買い、湯をもらい、昨日の残りのおにぎりを食べる。靴の調整等をして22時過ぎに寝る。ドアが閉まるので思ったより暖かい。

12時頃、いきなりドアが、がらーと開けられた。何かと思いすぐ飛び起きた。どうも近くの人が待合室に怪しげな人がいると通報したらしい。それで近くの漁師が何人かで調べに来たのだ。私は「歩いて旅をしているものです・・怪しいものではありません・・朝早く出ていくので一晩泊まらせて下さい」と説明したが、何処から来たのかとか、名前は、年はと根掘り葉掘り聞いてくるので名詞を渡した。それでも何やら聞いてくるので今度は免許書を見せた。これでやっと納得したようで帰っていった。やれやれだ。公共の場所はやはり安心して寝られない。

5時半に起床して6時過ぎスタート。このコースはトンネル続きの道で次から次にトンネルが現れてくる。ただ、大半が歩道が設置されているので安心して歩ける。

途中、玉川トンネルというところを通った。中に入っても出口が見えないのでよほど長いトンネルだ。下を向いて歩いていて、ふと顔をあげると今まで誰もいなかったと思っていたトンネルに、こちらへ向かって女の人がトボトボと歩いているではないか。びっくりした。これで通り過ぎたあとに、誰もいなかったら本当に怖い話になるのだが・・・。後ろを振り返ったら、女の人はしっかり歩いていた。残念。

この道は水仙ロードと言って、水仙の花がいたるところに植えられている。今は花が終わっているようで、それでも葉っぱが山の斜面等にびっしり生えていて、まるで波うったように緑の絨毯が出来ている。所々に菜の花が点在していて歩いていても飽きることの無い景色だ。

道筋にはカニやイカの看板がいたるとこに見られ、民宿兼食堂レストランが多い。食べようと覗いてみても高くて手が出ない。しかし道筋にコンビニがほとんど無いので仕方ないのでカニレストランで食べることにした。それでも一番安くても1,500円ぐらいはするので1回食べれば3食分の食費になる。そこで店の人に頼んで少しおかずを減らし1,000円でどうにかカニ釜飯セットを作ってもらった。せこい男である。カニ、カニ、カニと思って食べたが特別に美味しい物ではなかった。

14時過ぎ、面白い被写体を見つけた。広い水仙の葉っぱの絨毯のなかに、地を這うように桜が満開に咲いているではないか。これは面白いと思い色々アングルを変えシャッターを切る。しばらく歩いていると又、面白い被写体に出会った。海に面したの田んぼで耕運機でしろかきをしている人がいた。挨拶をして写真の許可を頂きシャッターを切る。言葉ではうまく伝えられないが、非常に面白い被写体だった。海沿いのコースは坂が多く、距離も長くなるがやはり面白い被写体が多い。

話に聞くとこの先の三国町に道の駅があると言うので今日はそこまで歩くことにした。食事、電源、テント泊の歩きの3セットを期待したが残念なことに店は18時ですべて閉まり。休憩室も開いてない。仕方ないので商店でパン、コロッケを買い、軒下にテントを張らせて頂き、コロッケを食べて寝る。


今日の写真


                     何を叫んでいるんだ
f0213613_1454963.jpg

                このコースはこのような滝が多く見られる
f0213613_14545984.jpg

                     おいしそうな?フキ
f0213613_14553931.jpg

                    道路沿いで(鰯,鯖等)
f0213613_1456547.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-10 14:41 | 福井県  

耳にしもやけ

4/8                      

2~3日前から、天気がよく何だか耳が痛がゆい。手で触ってみると、なんとカサブタのようなものが出来て皮が剥けだした。鏡でみると赤く変色している。

しもやけなんて今まで一度もなった事はないのだが、4月にしもやけになるなんてよほど寒い環境の中で過ごしたのだろう。氷点下の時もあったので多分駅泊の時になったに違いない。

昨日の越前大魚市場は予想していたよりも寒く震えた。外気が直接あたるので非常に温度が下がったようだ。おまけに道路の横にあるのでトラックの音がグワンー、グワンーと今にもテントに飛び込んできそうな音で耳に迫ってくる。どうにかして寝ようと試みたが一睡も出来なかった。

6時過ぎスタート。朝から天気はよいようだ。駿河湾にそって204号線を進む。8時過ぎ昨日の残りのいなり3個食べ、お茶がなかったので沢の水を飲んだ。いなりを食べたあと少しずつ睡魔が襲ってきた。意識が薄れて何がなんだかわからなくなる。

途中、長イスがあったので少し横になる。5分ぐらい休んで又、歩き出す。このしおかぜラインは単調な海が見えるだけの風景と思っていたが、進むにつれて漁港が所々に点在するようになった。古い漁港なので面白い被写体が多く、シャッターを切りながら進んでいく。

13時前、国民宿舎の食堂で昼食、カニ丼か何かを食べたかったが高くて手が出ない。2組の夫婦連れがいたが、いずれも豪華な魚介類盛りだくさんの定食を食べている。仕方ないがカツカレーで我慢する。電源をかり少しブログをまとめる。

昨日は一睡もしてないので今日は民宿にしようかなと思ったが、目標距離近くに「なぎさの湯」という温泉センターがあり、近くに広いバスの待合室があるので今日はここで宿泊することにした。温泉センターでゆっくり風呂に入りブログ更新して20時まで過ごす。


今日の記録

コース・・・・越前大魚市場~越前梅浦 なぎさの湯
歩数・・・・49,700
歩行距離・・・37.3km
累計距離・・・980.9km



                         今日の写真


                        河野漁港の皆さん
f0213613_18464210.jpg

                        道路に靴?                    
f0213613_18473519.jpg

                        漁村の民家
f0213613_18481036.jpg

                        色とリズム
f0213613_18483268.jpg

                        ワカメ乾し
f0213613_18485641.jpg

                         外人?
f0213613_1849142.jpg

                      枯れ木に花
f0213613_18494014.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-08 18:28 | 福井県  

 魔の8号線

4/7                      

昨日は駅近くの喫茶店で食事をしてブログ更新。22時過ぎ三方無人駅でテントを張ろうとしたら女性の靴音がした。何かと覗いてみると自動販売機で何か買っているようだ。しばらくするとガタゴトと激しい音がして男が3人現れた。もめているようで一人がどうも殴られているようだ。

気になるのでまた覗いてみるとさっきの女の人と目があった。少し不安なのでテント設営を少し待つことにした。しばらくすると騒ぎは治まったがエンジンがかかったままの車が1台で停められたままだ。

1時間ぐらいで車はどこかに消えた。さっき女の人と目があったので少し不安であったがテントを張り寝た。何が起こるかわからないので駅で寝るのは緊張する。

駅を6時前にスタート、睡眠不足と朝飯を食べてないので何だか気力が出ない。7時過ぎ国道沿いの食堂で朝食、あまり美味くないのに500円も取られる。気のせいか福井県に入ってから道沿いのゴミがやけに多いように感じる。空き地の至るところにゴミが散乱している。

昼過ぎ敦賀の市街地に着く。欲しいものが何点かあったので何件か店を探してみたが結局何も買わなかった。27号線を歩いていたが途中からどうもバイパスに入ったみたいで、目新しいものは何もなく、ただ黙々と歩くだけになる。

途中から8号線に合流、この8号線が又、問題なのである。先日会った自転車で日本縦断した人が8号線は危険なので避けて通る人が多いといっていたが、知らない道を通るのも不安なので、そのまま続行する。

言ってたとおり非常に危険な道だった。トラックはひっきりなしに通るし、歩道もあまり無い、おまけにカーブが多く、トンネルも多い。危険道路4点セット(トンネル、カーブ、歩道なし、トラック多し)の道を全神経を使い、どうにか越前、河野しおかぜラインの手前まで来た。久々に旅館でもと思ったが適当なところがないので今日は生鮮市場の軒下にテントを張ることにした。


                          今日の写真

                
                     満開の木蓮
f0213613_1391612.jpg

                    ドラマチックな日本海  
f0213613_1394265.jpg

              久しぶり ナニコレ珍百景 高層墓
f0213613_1310283.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-08 13:10 | 福井県  

ちりとてちん

4/6


昨日は高浜道の駅でお世話になった。風呂に入りブログ更新して、休憩室に戻ると先客がいた。テーブルとイスは占領されていて、テーブルにはガスコンロ、ナベ、等の炊飯道具が所狭しと並んでいる。

イスを二つに合わせベットにしてその上のゴザがしかれ、二人の男が毛布を被り寝ていた。その向うに自転車が見えるのでチャリダーかなと思った。それにしても道具がやけに多いなと思ったが、それ以上は考えなかった。

仕方ないので隅のほうにテントを設営し早めに眠った。夜中、突然、ガスが漏れたような激しい音がした。てっきりテーブルに置いてあったコンロが破裂したと思い飛び起きた。

テントを開けてみると何も異常がない。おかしいなと思ったら、又、似たような音がした。音の元をたどると男のイビキだった。脅かせやがって本当にびっくりしたじゃないか。

朝、目が覚めてテントを片付けていると、若い男が現れた。よく聞こえなかったがどうも会社を首になったと話しているようだ。これでピンと来たので話しかけてみると旅をしている方ではなく、どうもここで宿泊している地元の人だった。それで炊飯道具が多かったのだ。不況の波は道の駅まで押し寄せていた。

今日昨日と歩きの旅・快適5点セット(食事、寝場所、トイレと水、電源、風呂)が揃った快適な道の駅が続いたので歩きは早めに切り上げた。今日は遅れ挽回あするため、すこしペースをあげて歩こうこうと思う。

岡津という所から海沿いの235号を歩く。すこし遠少回りだったが小浜市に昼前に着く。古い町並みという地区があったので散策してみる。しばらく歩いていると古びた店先に箸が並んでいた。よく見るとあのチリトテチンの若狭塗りの箸だった。え~~~~!!。ここがNHKドラマの舞台になった街だったのか!本当に驚いてしまった、。

箸をセットで購入しようと店のガラス開けようとしたが閉まっていた。近くの商店の人に聞いてみると駅の近くの専門店があると聞いたので行ってみることにした。

店先には若狭塗り独特の煌びやかな箸が数多く並べられていた。店内に入ると、まるで鏡餅に顔を描いたようなおたふく顔の女性が「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれた。手ごろの値段できれいな箸のセットがあったので購入して送ってもらうことにした。女房には内緒にしておこうと思う。多分、びっくりして感動するにちがいない。

チリトテチンといえば、当時・私は会社勤めをしていて昼休みの休憩時間に夢中になって見ていた番組だ。非常におもしろく、次の日がくるのが待ちどおしいぐらいだった。チリトテチンのファンとして、あの若狭塗りの箸が手に入るなんて嬉しい限りである。

小浜市はあのオバマ大統領で話題になった街だ。商店街にはオバマ大統領のイラストや祝いのメッセージがいたるところに飾られている。オバマといえば、以前、姪からオバマ大統領に似ていると言われたことがあったが、うれしような、うれしくないような複雑な気持ちだった。

私は今まで色んなあだ名をつけられたり似ていると言われた。色が黒いので中学の時はあの野球のバルボン、高校のときは宇宙人のスポック、成人してからは加山雄三、原田安雄、藤巻潤、その他、色々である。

小浜市から海沿いの162号線を歩く予定にしていたが、チリトテチンのことを色々考えていると。うっかり歩くコースを間違いいつの間にか山手の方を歩いていた。途中気がつき後戻りしたが1時間ぐらい時間をロスしてしまった。

162号線は海沿いの変化に富んだ道だったが、かなりの遠回りで目的の駅につくまで13時間近くかかってしまった。歩行距離はトップギアでアクセル全開だったので55,2kmを歩いた。駅近くの喫茶店で食事、ブロゴ更新をして20時30分に三方駅に着く。

         今日の写真


                        淡いピンクの三つ葉つつじ
f0213613_14111677.jpg

                          若狭塗り箸の商店
f0213613_14113973.jpg

                          小浜市の商店街
f0213613_1412433.jpg

                             春の海
f0213613_14122729.jpg

                             入学式                 
f0213613_14125398.jpg

                            ワカメ乾し
f0213613_14131889.jpg

                       妻に送った若狭塗りの箸
f0213613_14145093.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-06 20:06 | 福井県  

トンネルをぬけると福井県だった

4/5 晴れ


舞鶴道の駅を6時過ぎスタート。少しずつテント生活も慣れて来てある程度の睡眠はとれるようになった。少し寝るとやはり朝もすがすがしい気持ちになる。おまけに今日は快晴だ。雨具の心配もないし気分よく歩けそうだ。

舞鶴市というところは桜が多く至る所で桜が開花して春爛漫の雰囲気をただ酔わせている。グランドの川沿いの桜は満開で非常にきれいだったが、同じ敷地内の自動販売機の前のゴミはがっかりした。カラスのせいといっていたが本当にそれだけだろうか。

しばらく歩いていると60過ぎの男の人に声をかけられる。。仏様のような、ふくよかな風貌だ。「日本一周ですか、すごいですね・・・休んでいきませんか」と言うので少し休憩することにした。
車の中からビニール袋にはいった物を持って来た。笑いながら「これ食べませんか」と言うので、良く見るとゆで卵を3個入っていた。遠慮なく頂いて、おまけにお茶までご馳走になった。

しばらく話していると突然「いい風貌してますね」と言った。私は「見せ掛けだけですよ、中身はありませんから」と返すとと、大笑いしていた。

名刺にブログのタイトルを書いてい渡そうと、ペンを出して書こうとしたが路傍の「傍(ぼう)」の漢字が思い出せず、ひらがなで書くはめに。やはり中身はなかった。

名前は岡野さん埼玉県の方だ。彼は車で旅をしているようで内部は寝れるように改造していた。以前は車で日本一周したそうで山登りを中心に旅を続けたといっていた。どんな形であれ旅をしている方とはすぐに打ち解け話がはずむ。これは旅の醍醐味かもしれない。

昼前に峠を登りきったところにトンネルにさしかかった。どうも歩道がないようだ。おまけにトンネル内がカーブになっている。一番危険な状態だ。カーブの箇所はトラックから人物はわかりづらく一歩間違えば即死の可能性もある。こういう事態はある程度予想していがやはり緊張する。

すこし危険なのでランプを振りながら慎重に歩く。大型トラックは何台か通過したがみんなこちらに気がつき避けてくれたので無事に通り抜けることが出来た。トンネルを抜けて標識を見るといつのまにか京都から福井県に変わっていた。とうとう福井まで来たかと長い道のりをふりかえった。

以前から考えていた事だが武蔵号の荷物のことだが、あまり負荷をかけるといつ故障するかもしれないので、ギターは先日、送り返した。しかし、いまだ使わない物もあるので思い切って、少しでも荷を軽くするため、又、送り返すことにした。折りたたみのイスと双眼鏡それにマグカップだ。ヤマト便が道筋にあったので、そこから発送してもらった。

準備が済み歩こうとするとヤマト便の社員の方が出てきた。その方は以前、徒歩で日本縦断したことがあるそうで、旅の途中、いろんな方にお世話になったので今度は私がする番ですといってジュース代を頂いた。私も歩いていて色んな方から親切をされることばかりで、こちらからその恩を返すことが出来ないので、歯がいい思いをしていた。こうゆう形の恩返しがあるのだなと思った。

15時過ぎシーサイド高浜の道の駅に着いた。天気もよく体調も悪くないので、まだいくらでも歩けそうだが今日はここで宿泊することにした。24時間の休憩室もあるし風呂もある、おまけに食事も出来て、さらに風呂の休憩室には電源もあり、ブログ更新、携帯、カメラの充電もでき、至れり尽くせりである。

休憩室でくつろいでいると長髪の30歳前後の男の人から話かけられた。頭は長髪でなかなかの男前で芸能人のような雰囲気の人だった。そばに2歳位の男の子がチョロチョロ、奥さんもいるようだ。

歩く旅に興味があるようで色々と聞かれた。旅を中心とした生活に憧れて、今から家族で屋久島まで行くそうだ。ひとつの所に定住するのは苦手で自然の中で自給自足の生活が出来ればといっていた。いろんな人生があるものだと思った。30分ぐらい話をして、それでは気をつけて旅をしてくださいといって別れた。この家族に幸せな人生が待っているよう、祈った。

                                本日の記録

コース・・・・舞鶴 道の駅~高浜 道の駅
歩数・・・・・43,800歩
歩行距離・・・・32,8km
累計距離・・・・851,7km


                                今日の写真


                     舞鶴市のグランド横の桜並木
f0213613_19475372.jpg

                    同じ敷地内のグランドのごみ並木
f0213613_19482471.jpg

                       不思議な家の跡
f0213613_1948585.jpg

                    立派なレンガ倉庫他にも5棟ある
f0213613_19494111.jpg

                      卵3個頂いた岡野さん
f0213613_20141019.jpg

                     道の駅で会った玉置さん
f0213613_20143446.jpg

                     完全シンメトリーの神社      
f0213613_19501117.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-05 19:18 | 福井県