カテゴリ:山形県( 2 )

 

土門拳 記念館

4/27

昨日は湯野浜の共同浴場までは良かったが,その後がいけなかった。風呂から出たときは外は暗くなっていてテントを張る場所を探すのにひと苦労した。

結局、バス停の待合室で泊まることにした。ただガラスが2面割れているので外の外気がそのまま入ってきそうだ。他に行く当てもないので我慢するしかない。夜が更けるにつれて風が強烈になって来た。トタンを叩く音や風がビュービュー鳴り、寒さも半端ではない。あまり寒いので、ほとんど寝れなかった。

朝は時間を勘違いして4時に起床して5時にスタートした。相変わらず風が強く、武蔵号を引いて歩くのは大変だ。足の方は若干痛みは治まってきたが相変わらず痛い。

しばらく歩くと612号に出た。松の保有林が多く、砂浜の畑やビニールハウスが永遠に続いている。大きな国道を歩くよりは、ましだがあまり変化のない景色が続く。

9時過ぎ道路に人が何人も立っているので何事かなと思ったら山形県縦断駅伝の日だった。新聞社の人が来て、応援の旗を道沿いにいる方に配っていた。もう少しでランナーが来ると言うので暫らく待つ事にいた。

せっかくなので写真を撮ろうとカメラ構えて待っていた。仰々しく先導車や白バイ、警察、がゆっくりと現れた。その後にランナーが元気一杯で走って来た。一瞬だったがどうにかシャッターを2枚切
った。

今日の最大目的は土門拳の記念館だ。、今、好きな写真家はと聞かれたら一番に一番に土門拳の名前を挙げるだろう。ドキュメンタリーの写真は私が最も好んで撮る被写体のひとつなのだ。

今回、地図を見ていたら偶然見つけて是非行って見たいと思っていた。丁度時間的にも良ささそうなので寄ることにした。これが時間帯がずれていれば行くことは出来なかった。やはり日頃の行いが良いせいかもしれない。冗談だが。

記念館は116号から少し入っ所にあった。それらしい所まで言ってみるとなんと休館の表示が出ていた。「えー 本当に休館?」と思っていたら、それは美術館の方だった。

記念館はもう少し先の方だった。良かったと思いながら歩いていると急に風が強くなり、前にも進めないぐらいの強さになった。土門拳が「お前みたいな若造に俺の写真を簡単に見せるわけに行かないぞ」と言っているように感じた。こちらも「そんな風ぐらいで簡単に引き下がるわけにはいかない」と風をグイグイ押しのけ進んでいった。

記念館は角ばった建物で飾り気のないどっしりとし風格を漂わせていた。その前には大きな池が包み込むようにあり、鴨が2羽泳いでいた。

遠くの背景には東北で 一番高い鳥海山が白く雪化粧して見下ろすように鎮座していた。せつかく来たので武蔵号と一緒に記念写真を撮った。

内部に入ると圧巻だった。酒田市のゆかりの写真から、古寺巡礼、女優と文化財、土門拳の仕事その他、ありとあらゆる写真が所狭しと並んでいる。

ただ単に撮ったのでなく作品から気迫が感じ取れる素晴らしい作品だった。私も負けないように今の日本を気迫を込めて撮らなければと肝に命じた。

昨日、友人から酒田市に着いたら本間家旧本邸が近くにあるのなら是非寄っていったが良いよと教えてくれたので行って見ることにした。少し手前に山居倉庫(昔の米倉)があり川には今では珍しい木に橋がかかっていた。面白くて何枚かシャッターを切った。

本間家の方は本邸にはいかず前にある、資料館のような所を見学した。内部の古い道具類は古いだけではなくどれも格調高気品の溢れていた。やはり友人が行っていたように行って良かった。

今日は酒田駅まで歩こうと思っていた。テント泊が続いているし足の状態もあんまり芳しくないので休憩をかねてビジネスホテルに泊まることにした。駅から2分ぐらいでいけるステーションホテルだ。料金も割と安いしゆっくり出来そうだ。


            今日の写真
 

                             きれいな保安林
f0213613_18443573.jpg


                  松の木です   差し込んだのではありません。生きています。  
f0213613_1845481.jpg


                             山形縦断駅伝
f0213613_18453624.jpg


                            土門拳記念館 全貌   
f0213613_18461044.jpg


                            入り口で記念写真
f0213613_18464679.jpg


                              館内の様子                
f0213613_18473744.jpg


                         記念館から望む鳥海山
f0213613_1848374.jpg


                            山居倉庫と木の橋
f0213613_18483022.jpg


                             本間家旧本邸
f0213613_18485073.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-27 17:25 | 山形県  

笹川流れ続き・ついに病院・山形県も突入

4/25

桑川駅は清掃の人が夜中の3時に来たので目が覚めた。なんでこんなに早いんだろう。始発は6時過ぎなのに。その後、眠ろうと思ったがやはり眠れなかった。又、睡眠不足だ。

駅を6時20分スタート。今日も天気は良さそうだ。昨日、寝る前に足にシップをしてサポーターで固定して眠った。いくらか痛みは和らいだが、やはり歩くたびに痛い。

先日、歩いた道の駅までの笹川流れは特に目立った景観もなく何処が良いんだろうと思っていたが本番はこれからだった。

新潟県北部、日本海沿岸に見事な景観を誇る延長11kmの名勝笹川流れは天然記念物に指定されている素晴らしい場所だった。

次から、次に日本海の荒々しい岩礁が繰り広げる自然の景観は飽くことを知らない。今日は皆さんにも旅の雰囲気を味わって、もらおうと思いポイント、ポイントで写真を撮ることにした。

又、旧道の古いトンネルや朽ち果てた赤い鳥居等があり、魅力的な被写体ばかりだ。歩いては止まり歩いては止まり写真ばかり撮っていたのでほとんど前に進まない。

10時前、天然塩を作っている家があったので寄ってみる。大きな鍋が3個並んでいて作業員がそれに薪を入れていた。湯気が濛々と立って、凄い迫力、昔ながらの製法だ。お腹も減っていたので何か食べるものはと思ったら茹卵が置いていたので2個買って昨日の残りのパンと一緒に食べる。卵も美味しく、塩は天然物なのでミネラルがたっぷりで非常に食べやすい。

12時過ぎ国道沿いに大きな病院があった。病院を見た時に昨日、友人にした電話の話を思い出した。その友人は昔の音楽仲間で、もう40年以上も付き合っている数少ない友達の一人だ。保険所が手元にないので病院に行きたくても行けないといったら、保険所のコピーをファツクスで送って貰えば使えるかもしれないと言っていた。

足の方も痛みはいつまでも良くならないし、無理をして歩いて動けなくなったら、それこそ大変なことになるので、取り合えず、病院に行ってみることにした。

病院の名前は徳洲会病院、総合病院で急患も対応している。保険所の番号では診察は出来ないようなので嫁さんに事情を説明してファックスして貰った。忙しいのに何で今頃と怒られたが、なんとか送ってくれた。

一応レントゲンも撮ったが骨には異常はなかった。専門医ではないようだったが筋肉が炎症を起こしているんじゃないかといってシップと薬をくれた。又、長く歩いていると時々、背中が痛くなると言うと、カルシウム不足だといって錠剤を2週間分くれた。とりあえずこれで一安心というところだが、早く完治すればよいが。

16時過ぎ山形県突入、とうとう山形県まで来たのだ。今回はあまり感動はないが、やはりうれしい。今日の目的地は山形県のあつみ道の駅だ。話では24時間の休憩室は無いと聞いていたが行ってみると、なんと24時間開放で畳の部屋があった。これはラッキー。

レストランは皆な閉まっていたが隣にコンビニがあるので弁当を買い、休憩室でゆっくりして食事してからブログの更新をした。


       今日の写真 少し多いかな


                       その1、笹川流れ  夕日 
f0213613_20363029.jpg


                           その2、
f0213613_20365836.jpg


                           その3、
f0213613_20372214.jpg


                           その4、
f0213613_20442018.jpg


                           その5、
f0213613_20444926.jpg


                       お見事 あんたは偉い
f0213613_2045954.jpg


                残念 笹川流れと言うより ゴミ川流れ
f0213613_20453629.jpg


                            横顔
f0213613_20455689.jpg


                       診察して頂いた病院  
f0213613_20462436.jpg


                           製塩所                   
f0213613_2047121.jpg


                           人形ダコ?
f0213613_20472799.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-04-25 19:39 | 山形県