カテゴリ:広島県( 4 )

 

41年前の思い出の矢賀町へ

10/18  晴れ


昨日の天応駅の待合室は広くてきれいでテントも問題なく張れた。今日はゆっくり寝れるだろうと思っていたがスナックのコーヒーのせいかなかなか眠れなかった。以前はコーヒーを飲んでも問題なく寝れていたのに,最近はコーヒーを飲むと眠れなくなるようになった。この旅行中に体調の変化がおきたのかもしれない。

駅を5時55分にスタート。今日はどうしても行きたい場所がある。広島市内の矢賀町と言うところだ。ここは今から41年前、私が19歳の時に出張で国鉄の広島工場で働いていた時に間借りして生活していた所なのだ。

親元を離れて生活するのはこの時が初めてで青春時代のなつかしい思い出が一杯詰まっている場所なのだ。当時母屋があってそこにおばあちゃんと小学校1年ぐらいの女の子が住んでいて私は隣の小さな家を借りていた。

時々、風呂もいれて頂きとても親切なおばあちゃんだった。その女の子が時々私の部屋に遊びにくるようになりギターを教えてやったりしていたので、仲良しになり非常になついていた。

私が仕事の任期がきて帰る時、その女の子が嫌だ嫌だといって泣いて大変だった。来年必ず来るのでと約束して指切りをして、後ろ髪を引かれる思い出帰っていったのを覚えている。

しかし私は約束を破り結局女の子に会いにいかなかったのだ。今となって何で行かなかったのかも覚えてもいない。その事はずーと気がかりになっていたので今回の旅で是非訪ねていきたいと思っていたのだ。しかしここの住所も家の名前もわからず、僅かな記憶を頼りに行くしかないのだ。まるで雲をつかむような話だ。

取り合えず 矢賀駅を目指して歩くことにした。9時半ん安芸区に入り10時に船越町、矢賀駅が非常に分かりにくいので通りがかりの人に聞いていこうとしたら、その方が自転車で駅まで連れていつてくれた。矢賀駅に11時に着く。

当時働いていた国鉄の工場はすぐ分かったのだが、当時住んでいた家はよく分からないので駅でこの近くの地図を貰い地図を頼りに歩くことにした。1時間ぐらい歩いたが41年前のことなので家も大きく様変わりしていて、やはりわからなかった。

一箇所それらしい家があったのがが留守で確認できなかった。本当に雲をつかむような話なので多分、分からないだろうと思っていたがその通りだった。当時、親父から来た手紙があったのだが、それがあれば住所もわかるのだが手紙も紛失して分からない。せっかく来たのだけど諦めて帰るしかない。自分なりに精一杯のことをしたので悔いはない。

広島はもう一箇所行きたい場所がある。原爆ドームと記念館だ。41年前に一度いったのだが改めて行きたいと思っていた。13時になか卯と言う食堂に入る。すき家のような系列の店でカレーとうどんのセットを食べる。非常に美味しかった。

14時に原爆ドームに着く。何枚か写真を撮って記念館(資料館)の方に行く。館内は小学生、高校生の修学旅行の団体客が大勢いて足の踏み場もないぐらいごった返していた。原爆投下時の時間で止まった地時計や焼け爛れた服、皮膚がケロイドになった写真等改めて原爆の恐ろしさを身に染みて感じた。1時間ぐらい見学して2号線まで戻る。

16時10分大田川、16時55分草津、この先、二日市手前にネットカフェがあると聞いているのでそこまで目指して歩く。カフェに着いたのが18時50分、今日はここで泊まることにした。ブログ更新して22時に寝る。




                  今日の写真



              お世話になった天応駅
f0213613_21315218.jpg



               車輪のデザイン
f0213613_21535153.jpg



                矢賀駅
f0213613_21542084.jpg



           間借りしていたそれらしい家
f0213613_21544266.jpg



                ビルの写り込み
f0213613_2155715.jpg



                  古い電車
f0213613_21555634.jpg



                新しい電車
f0213613_21562338.jpg



                 5つの顔
f0213613_21572512.jpg



             原爆ドームと記念館1                       
f0213613_21574954.jpg



                         2
f0213613_21581996.jpg



                         3
f0213613_21593734.jpg




                         4
f0213613_220661.jpg




                        5
f0213613_2203917.jpg




                        6
f0213613_2211051.jpg




                        7
f0213613_221382.jpg




                        8
f0213613_2221294.jpg




                      9
f0213613_2223812.jpg




                      10
f0213613_223796.jpg




                     11
f0213613_2235480.jpg




                     12
f0213613_2242362.jpg




                     




                     
[PR]

by musashigaiku | 2010-10-18 21:24 | 広島県  

43年前のトンネル

10/17 晴れ

昨日は旅館林田でお世話になった。12時過ぎ電気を消して寝ようとすると蚊のブーンと飛ぶ音がした。殺虫剤等がないため我慢してそのまま寝ようとしたがやはり眠れない。そのうち右手の薬指を蚊かに刺されていた。痒くて痒くてたまらない。

いくらかいても痒みが止まらず我慢も限界だ。今度は顔の近くに飛んできたので手で顔を叩いたら蚊の音がしなくなった。やれやれと思った。眠りについたのは1時過ぎ又、睡眠不足だ。

朝は眠たくて起きたのは7時半、旅館を8時にスタートする。近くのコンビニでおにぎり2個の朝食をとる。しばらく歩いているとバイパスのような道に出た。峠を越えて9時過ぎに川尻町に入る。川尻にはいってから左手に海が見えてきた。太陽が海に反射していて穏やかな海の光景が広がっている。

10時過ぎ国道沿いの道路の両側にしめ縄の挟んだ幣が1m間隔で飾られている。地元の大歳神社のお祭りがあるらしい.この地区全域にしめ縄が張られているようでその長さは想像がつかないほど長いだろうと思った。ここにも日本の伝統文化がいきずいている。


12時半に広前駅手前のすき家で昼食。店に入ってびっくり、ほぼ満員状態のお客の量だ。50人近くのお客さんだ。いくら日曜とはいえ、これは凄い。吉野家は完敗だな。

13時過ぎ歩道を歩いていると50歳ぐらいの人から声をかけられた。「日本一周ですか。凄いですねー。」と言うので簡単な旅の経路を話した。その女性が14時からこの先の市民センターで横田めぐみさんの両親の講演会があると教えてくれた。私も聞いてみたいと思ったが1時間も待つわけにいかないので諦めた。その方は公演まで時間があるので腹ごしらえして行きますと言って、この先の食堂に入っていった。

15時10分に呉の市街地に入る。急に道路が広くなり片側4車線の大きな道だ。歩道も広く歩きやすい。15時半呉駅、16時前にすき家があったので今度は夕食。今日はカレーにした。

16時20分に魚見山隋道を通る。出口までの距離は1,5kmぐらい。壁の壁面も波打っていて随分古いトンネルのようだ。入り口からしばらくは明るく問題なかったが少し進むと内部は真っ黒、ライトもまだらで足元も不安定だ。

20分ぐらいでトンネルを出た。出口で年表を見るとなんと昭和22年に出来たものだ。私より年を食っているではないか。今にも潰れそうな古いトンネルだが、考えによっては素晴らしいともいえるし、早く作り直した方いいとも言える。広島はオリンピックの誘致をしているようだし、このあたりで新しいトンネルに作り変えたがほうが
無難かもしれない。

この先無人駅が続いてあるので様子を見ながら歩いていく。18時過ぎ天王駅と言う無人駅があったので行ってみる。営業時間は19時までなので近くにスナック喫茶で時間をつぶすことにした。中はカラオケの客で一杯。どうも場違いのようだ。店のお客(化粧の濃いおばさん)に「あんたコーヒー一杯で何時までいるつもり」と
言われる。せつないおばさんだなと思ったが我慢した。ブログ更新して19時半に出る。



                      今日の写真



               お世話になった林田旅館
f0213613_20224542.jpg



                三畳の狭い部屋
f0213613_20242921.jpg



                ロボット顔
f0213613_2031335.jpg



                祭りの幣
f0213613_20315326.jpg



                 廃車
f0213613_2032166.jpg



                 バス停
f0213613_20324224.jpg



                生命力のある木?
f0213613_2033352.jpg



               きれいな廃屋
f0213613_20332366.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-10-17 19:31 | 広島県  

久々の旅館泊まり

10/16  晴れ



昨日は夜中に何回か目が覚めたが久しぶりによく眠れたようなきがする。須波駅を5時半起床して6時10分にスタート。朝夕はめっきり寒くなってきた昼間はまだ半袖、半ズボンだが朝は寒いので下はカッパ、上はラガーシャッで歩く。

しばらく歩いていると夜が明けてきた。左手が海なので朝焼けの海を見て写真を撮りながら歩く。1時間ぐらい歩くとやっとコンビニだ。今日も肉まん、アンマン、の簡単な朝食。9時に竹原市に入る。

12時半スパーの内部にある食堂でラーメンと焼き飯を食べる。腹いっぱいになり歩くのが嫌になる。食事して10分もしないで小さな峠だ。お腹がまだ満腹状態なので超スローペースで坂を登っていく。

坂を下って少し歩いていると道路が工事中でガードマンがいた。真っ黒に日焼けした顔で「これ食べない」と言って飴玉の袋をくれた。遠慮なく頂き礼をいって歩いていると後ろから大きな声で「怪我のないよう気をつけていけよ」と声が聞こえた。振り返って手を振り又歩き出す。顔に似合わず親切な方だなと思った。

14時15分東広島市に入り15時10分秋津、17時呉市に入る。しばらく歩いていると道路沿いに骨董屋さんがあった。なんとなく何かがありそうな気がしたので寄って見る。思った通りカメラがあった。それも名機キャノンF1だ。レンズを見ると55mm1,2の大口径レンズが着いている。レンズだけでもかなりの価値がある。

即、購入する。かなり重たいカメラなのでこのまま一緒に旅をする訳にいかない。しばらくするとヤマト便があったので家に送る。こんな事が出来るとは少しは精神的余裕が出来たのかなと思った。

今日は特に変わったこともなく順調に距離を稼ぐ。安浦駅に18時半に着いたが駅員が何人もいてテント泊出来そうもないので駅近くの旅館に言ってみた。

ところが団体客がいて部屋はどこも一杯と言われ、諦めかけていたが「何処でも良いので寝るとこはありませんか」と聞いたら宿の女将さんが 「そうだ3畳半の部屋がある」といって泊まれることになった。風呂もしばらく入ってないしブログや写真の整理もあるので本当によかった。

近くのコンビニで弁当を買ってきて部屋で食べる。食事のあとは風呂に入り旅の垢をさっぱり落とした。ブログの更新、写真の整理で寝たのが12時を過ぎていた。


                    今日の写真


                 お世話になった須波駅
f0213613_233749.jpg



                  待合室
f0213613_232523.jpg



                夜明け前の海1
f0213613_22522834.jpg


                       
                        2
f0213613_22525449.jpg



                夜明けの海   
f0213613_22531976.jpg



              珍しい砂浜尾ある島
f0213613_22534225.jpg



                花の衣装
f0213613_22541580.jpg



                朝の海
f0213613_2255166.jpg



                なにこれ珍百景
f0213613_22553092.jpg



                なつかしの農作業
f0213613_225559100.jpg



                 骨董屋で見つけたキャノンF1
f0213613_2331812.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-10-16 22:18 | 広島県  

連続テレビ小説てっぱん

10/15 曇り時々晴れ



昨日の駅泊は散々だった。駅の営業時間が21時までまなので30分位過ぎてからテントの設営の準備をした。しばらくすると駅員が来て「ここは宿泊するとこではありませんので」と言われたので私は「テントは駅の外に張りますと」言って、駅の真ん前の軒下にテントを張った。

雨が降れば少し濡れそうな所だが仕方がない。テントの前は広場になっていて車が自由に出入り出来るようになっている。横にはタクシー会社もあり、タクシーが何台か停まっている。

22時過ぎにテントの中に入り寝ようとしたが車の発進音やセルモーターの音がしてうるさくて寝れない。それでもどうにか眠れそうな雰囲気になってきて、少しうとうとしていたら車の大きなエンジン音が聞こえてきた。

あまりうるさいのでテントを開けて外を見るとテントの真横にタクシーが客待ちをしているではないか。どこか他の場所に移動してくれないかなと思ったが口には出せない。いつになったら立ち去るのかなと思ってよく見ると運転手はなんと気持ちよさそうに寝ているではないか。仕方ないのでしばらく待つことにした。20分位するとお客さんが来てタクシーは去っていった。

やれやれと思って今度こそは寝れるなと思って寝袋に潜りこんだら、外から人の声がした。テントを開けてみるとなんと警察だ。どうもこの当たりを見回りにきて私の事に気付いたようだ。警察が「駅の方に許可を貰いましたか」と言うので「私は駅内にテントを張ろうとしたら注意されたのでテントを外に張ることは許可は貰ったと言った。

さらに警察は名前、生年月日、住所、旅のコースや目的を聞いてきて免許書も提示を求めた。それから警察は「3日位前にホームレスが寝ている時に若者から熱湯をかけられ大火傷をした事件があったのでお宅も気をつけてください」と言って注意を促した。「ここは田舎なのでそんなことはないと思うが気をつけてください」と言って去っていった。

朝は5時起床、昨日は明けがたに少し眠れてぐらいであまり寝てない。ここ最近睡眠不足が続いているので目がしょぼしょぼして腫れぼったい。駅を6時前にスタート。当たりはまだ薄暗くどんよりとした天気だ。しばらく行くとコンビニ、いつものように肉まん、アンマンを買い、歩きながら食べる。8時前、国道沿いにすき家が見えた。まだ食べるのは少し早いが朝食を食べる。

9時過ぎ尾道市に入る。この辺りは造船が盛んなようで尾道造船や三井造船の看板が見える。工場に中にはとてつもない大きなクレーンが何台も立っていてその規模の大きさを物語っている。

しばらく行くと古い商店街があったのでより道する。入り口にはセンター街と書かれている。入り口の角の店にてっぱんと書かれた看板があったが最初は何の事か分からなかった。商店街を進むとその意味が分かってきた。大きな映画のポスターがあり「NHK連続テレビ小説てっぱん」と書かれていてヒロインの写真も載っている。

私は最近テレビは見てないので知らなかったがここの街は「連続テレビ小説てっぱん」のモデルになった場所だ。記念に何枚か写真を撮っていく。商店街を歩いていると休憩所と言う文字が目についた。あまり眠いので少しここで休憩することにした。長いすがあったので横になって10分ぐらい休憩していく。ここの街は古い建物が多く、悪くいえば少し寂れているが、なかなか雰囲気があり、ゆっくり散策すれば面白いだろうなと思った。

13時過ぎ国道沿いに昔のままの鍛冶屋があった。70歳ぐらいにおじさんがいて現役で仕事をしているようだ。許可を貰って写真を撮らせてもらう。鍛冶屋の横には丁重に作られた手作りの包丁、鍬、三又等の生活用品が並んでいる。

何れも素晴らしい出来具合だ。おじさんは時々私のように写真を撮らせてくれとか、雑誌や新聞社、NHKテレビ局が来るがテレビ局と新聞社が全て断っていると言っていた。あまり名前が知られると仕事の量が多くなり、良い仕事が出来なくなるのでと言っていた。マスコミの知られて有名になり潰れていったラーメン店も何件もあると教えてくれた。そんな事もあるんだなと思い良い勉強になったなと思った。

15時過ぎに三原市に入る。しばらく行くとマクドナルドがあったのでブログの更新を1時間ぐらいかけてする。17時前に2号線から海沿いの185号線に入る。この先4~5km先にの無人駅の須波駅があると聞いていたので暗い夜道を歩く。駅は教えてもらったよりかなり遠く着いたのは19時だった。あまりきれいな駅ではないがどうにかテントは張れそうだ。ずーと睡眠不足が続いているので早めに寝る。



                 今日の写真




      

     お世話になった駅 郵便ポストの横にテントを張った
f0213613_239234.jpg



              連続テレビ小説てっぱんのパネル
f0213613_20462152.jpg



               てっぱんコーナー
f0213613_2123836.jpg



               地元の栗原保育園の遠足
f0213613_213537.jpg



               占いや これだけ書いていると怪しい              
f0213613_2134133.jpg



              昼寝 気持ちが良さそう  
f0213613_2141452.jpg



             現役の井戸 少ししょっぱいそうです
f0213613_2144250.jpg



                 尾道城
f0213613_215890.jpg



            木原の鍛冶屋さん1
f0213613_2154311.jpg



                        2
f0213613_2161272.jpg



                        3
f0213613_2164447.jpg



                        4
f0213613_2171110.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-10-15 17:44 | 広島県