<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

日本一周のその後

12/25 晴れ

3月7日にスタート地点の行橋市の市役所前に到着、大勢の皆さんに拍手で迎えられ手に持ちきれない程の花束を頂き感激も一入だった。日本一周を歩き終わって感じたことは、終わってみればあっという間の9ヶ月だったと思うが、やはり長かったなと思った。

北海道一周までは目標に向かって歩いていたので長いとは思わなかったが函館からのフェリーの中でこれから先の事を考えていたら気分が滅入ってしまった。日本縦断で約3,000km一周で約9,000km、縦断の3倍の距離だ。

太平洋側を下り、四国を一周して九州に入りそれからさらに九州を一周があると思うと気がが重くなってしまった。それでも黙々と先に向かって歩けたのは皆さんの応援や励ましで元気を貰ったからだと思う。

約9ヶ月間、風邪ひとつひかず大きな病気や怪我もなかった。こらは親から貰った健康な体が基本にあったからだと思う。それに宮崎の友人のお母さんが、私が無事に歩けるのは「お母さんが見守ってくれてるのよ」と言っていた。そうかも知れないなと思った。

今日の午前中は孫の幼稚園の御遊戯会があるので写真撮り、昼からは地元のスターコーンFMのラジオ(黒武&ジュンのどげでんラジオ)出演ある。毎週土曜日の13時から2時間の番組だ。

場所はゆめタウンの新館のセントラルコート。一緒に歩いたリヤカー(武蔵号)も持ってきて下さいと頼まれていたので車に乗せて会場まで行く。公開生放送なのでガラス越しの部屋で話をするのかなと思っていたら、なんと店内のお客さんが通る場所にステージがあったので驚いた。

ステージは1段高くなっていてその上にテーブルとイスが横に並んでいてそこで放送をするようだ。ステージの前には長イスが何脚か並んでいてお客さんが座って見れるようになっていた。

私の出演は13時半から、簡単な打ち合わせをしたあとにギターのチューニングをして出番を待つ。「中村さん」の声がかかりいよいよ私の出番だ。ステージに上がりコメンテーターの黒田さんの横に座る。黒田さんが軽快な喋りで私を紹介、今回の旅の感想や苦労話等を質問形式で10分位話し最後に旅を共にしたギターで拓郎の落陽を歌う。

少し緊張したが無事に終わった。最後に女性スタッフから話が上手だったと言われたが口下手の私がうまく喋れるわけがないと思った。


                   
                今日の写真



               市役所前で
f0213613_1923150.jpg




花束を手に
f0213613_19373269.jpg




               お礼の挨拶
f0213613_18572065.jpg





        武蔵号と一緒にどげでんラジオ出演1
f0213613_1935475.jpg



                  2
f0213613_1933910.jpg




              ギターの弾き語り
f0213613_1941147.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-27 18:41 | 福岡県  

今日で最後の歩き

12/7 曇り


昨日旅館で日本一周の歩数及び歩行距離の集計をした結果です。

1、日数・・・・269日 約9ヶ月(3/14~12/7)
2、歩数・・・・1,314万歩
3、距離・・・・9,600km(歩数換算)

集計結果を見て当初の予定より時間を要したが自分でもよく歩いたなと思った。

昨日は椎田町の旅館にお世話になった。おかげで歩数や距離の集計が出来てよかった。今日は新聞社の取材もあるのでこれで準備万端。

旅館を7時過ぎにスタート。今日はどうゆう訳か朝から身体がだるく歩くスピードもスローペースだ。今日で最後と思うと今までの張り詰めていた気持ちが少し萎えたのかもしれない。

最終目的地の行橋までの距離は約15kmだ。少し早足で歩けば3時間で着くぐらいの距離だが12時に行橋市役所前に着く予定にしているのでそれに合わせて歩かなくてはいけない。早く歩くのは簡単だがゆっくり歩くのは以外に難しいことに気づいた。しばらく行くとコンビニいつものように豚マン、あんまんの軽い朝食をとる。

築城の先にメタセコイワと言う落葉樹の群生の森があるので寄ってみることにした。木々が丁度紅葉している時期で非常にきれいだった。生憎の曇り空だがそれなりに写真になるので何枚かシャッターを切る。

新田原駅にの9時に着く。この先に安い散髪屋があるのでヒゲのカットと顔剃りをしてもらうことにした。あまり汚い格好では出迎えに来てくれる方に失礼なので、これで少しはきれいになったかも知れない。

約束の12時まで時間的にまだ余裕があるので知り合いのリサイクル屋のよってコーヒーをご馳走になりながら旅の経過を少し話した。30分ぐらいゆっくりして店を出た。

1時間ぐらい歩くと行橋のサンパルと言う店の近くまで来た。ふと道路の反対側の歩道を見ると見覚えのある顔が見えた。元同じ会社の同僚だ。私を見るなり「あれ・・もう帰ってきたんですか」と驚いた顔で言った。私は「長い旅でしたがどうにか無事に帰ってこれました」と答えた。「今から最終地点の市役所に行くところです」と言うと「じゃ、気をつけて」と言って去っていった。

12時前に行橋の今川の出た。この川を見ると「帰ってきたんだなー。」と心の底から思った。市役所には12時過ぎに着く。大勢の人が集まっていて拍手で迎えられた。あの人も、この人も、なつかしい顔ばかりだ。カメラのシャッター音が機関銃にように響き、大きな花束を受け取り皆に祝福されれ感激で胸が一杯になった。私は今まで応援してくれた礼をいって簡単な挨拶をした。

この後に新聞社の取材があるというので皆さんに礼をいって解散した。市役所の記者クラブで1時間近く取材を受けて武蔵号を引いて家まで帰った。

最後に。

長い間応援して頂いて本当にありがとうございました。日々のブログ更新は大変でしたが、それ以上に応援して下さる方々のコメントが私には大きな支えになりました。日本一周の旅は終わりましたが、ブログは写真日記のような形で時々行いたいと思います。

歩きの中でも色んな方の励ましや、差し入れ、宿の提供等で随分お世話になりました。皆さんの応援がなかったらとても日本一周の徒歩の旅は出来てなかったのではないかと思っています。自分で歩いた言うより、皆さんに背中を押されて歩かせて頂いたと言う方が正しいかも知れません。この場を借りてお礼を言わせて頂きます。本当にありがとうございました。



                   今日の写真



               お世話になった椎田の旅館
f0213613_1838413.jpg



                  紅葉
f0213613_1852962.jpg



             メタセコイワの森1
f0213613_18524015.jpg



                     2
f0213613_1853435.jpg



                     3
f0213613_18532638.jpg



             市役所前に大勢に皆さんが出迎えてくれた                
f0213613_18411348.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-07 18:24 | 福岡県  

いよいよ明日が最後の歩き

12/6  晴れ


昨日は今津駅でお世話になった。駅舎はわりと温かく快適だった。5時過ぎに起床、テントを回収しようとしたら駅員さんがきて駅の窓口のカーテンを開け内部に電気を点灯した。これはやばいと思い慌ててテントを回収していたら「寒いでしょう」と言って熱いお茶を注いでくれた。こんな親切な駅員さんは初めてだ。

「失礼ですが年齢はいくつですか」と聞くので「60歳です」と言うと「私より大分若いな」と笑いながら言った。テントを回収して全て武蔵号に入れスタートしようと思ったら、「ほう・・・コンパクトになりましたね」と言って「気をつけて旅を続けて下さい」と励ましの言葉を頂いた。駅舎を利用させて頂いた事の礼を言って駅を後にした。

10分ぐらい歩くと海沿いの道に出た。近くにコンビニがあったのでパンを買って簡単な朝食。店を出ようとしたら60歳ぐらいの男の人が「どこまでいくんね」と声をかけられた。私が「行橋まで」ですと言うと「コーヒーでも飲め」と言って小銭を差出した。私が辞退しようとすると「遠慮せんでもいい」と言うのでありがたく頂いた。

私が「ありがとうございました」と言って店を出ると、バイクで走っていった。武蔵号を見ると新聞が差し込まれていた。どうも新聞配達の方のようだった。黙って新聞を差し込んでいくなんて親切で粋な人だなと思った。

しばらくいくと見覚えのあるレストランが見えた。この辺りが何度も歩いたことがあるのでホームグランドのようなものだ。30分ぐらい歩くと今度はダイハツの工場が見えてきた。道路はいきなり道幅が広くなり片側2車線の道に変わった。歩道も広いし快適に歩ける。

9時過ぎに中津市に入る。丁度マクドナルドがあったのでブログ更新と写真の整理を行う。今日は少し時間的余裕があるので中津城まで行ってみることにした。生憎、ここの城も工事中だったが何枚か記念に写真を撮ってお城周りを散策した。

山国川12時過ぎに通る。しばらくいくと工場直営弁当280円の旗が見えたので弁当を買って弁当を食べる。宇島駅に14時に着く。近くに安い散髪屋があるというので行ってみたが今日は休みだった。よく考えれば今日は月曜日ではないか。

15時15分、日本一周のチャリダーとすれ違う。茨城の方でまだ二十代の若者だ。スタートして4ヶ月目のようだった。これから寒し冬が待っているのに大変だろうなと思ったら、冬は沖縄で過ごしたいといっていた。お互いに記念写真を撮り別れた。

16時過ぎ極端に斜めになった歩道にでた。武蔵号が傾いたのでやばいなと思ったら、あっという間にリヤカーと一緒に転倒し一回転した。向こう脛を少し打撲したが怪我はなかった。油断は出来ないなと思った。

椎田駅に16時50分に着く。駅での宿泊が可能かどうか確認したら営業時間が24時までだったので諦めた。仕方ないので近くの旅館を探し、行ってみたが今は営業してないと言われた。泊まるだけでよいのでとお願いしたら素泊まりならと言って泊めてもらえることになった。近くのホットモットで弁当を買って旅館で食べる。風呂はないのでブログ更新と日本一周の歩数と距離を集計する。

明日の行橋市役所前の到着予定は12時の予定です。よろしくお願いいたします。





                        今日の写真



                 お世話になった今津駅
f0213613_19403410.jpg




                    その待合室
f0213613_19401960.jpg




                      異星人
f0213613_19513366.jpg




                     壁画
f0213613_19514913.jpg




                    休日
f0213613_1952544.jpg




                日本一周チャリダー野口君
f0213613_1940572.jpg




                     中津城
f0213613_19522084.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-06 19:32 | 福岡県  

今日も駅泊まり

12/5  晴れ



昨日は中山香駅にお世話になった。駅でブログ更新していると時間が経つにつれて急激に温度が下がってきた。身体が振るえる位の寒さだ。駅舎内でのテント泊は少し厳しいかなと思ったので駅前の旅館を何件か聞いてみたが何れも営業してないようだった。

仕方ないので駅舎でテントを張ることにした。駅員が19時で帰ったのでしばらくブルグをして20時過ぎにテントを張った。完全防寒使用でもまだ寒そうなのでさらに宮崎の友人の奥さんがくれたホカロンを足元の2個、腰に2個置いて寝た。ホカロンは思ったより温かく腰周りは熱い位だった。ホカロンのおかげで極寒の駅でもどうにか眠ることが出来た。

朝、5時に起床したつもりだったが6時を過ぎていた。駅員が来て「ここの泊ったのですか」と言って仕事の準備をしていた。駅員さんの話ではこの駅近辺が一番寒いところで今の温度は2℃ですと教えてくれた。どうりで寒いわけだ。お客さんの迷惑がかかったらいけないので慌ててテントを回収して出発の準備をした。

駅を7時過ぎにスタート。道路の横の田んぼは霜が下りていて真っ白になっている。枯れ草に霜が付着して、きれいだったので写真を撮りながら歩く。9時に立石峠の看板が見えた。峠と言ううような坂はなかったような気がしたがいつの間にか登りきっていた。下りは長い坂が続いた。自転車が息を切らせて登っている。反対方向から歩いていたら大変だっただろうなと思った。

10時半道路沿いに、たんたん亭と言う食堂があったので入る。地元のたまごを使った料理を提供しているようだ。たまご定食を食べた。ごはんお替りOK、味噌汁におかずもふた皿付いていて280円、さらに燻製たまごが無料で付いている。たまごも新鮮で美味しかったが味噌汁が非常に美味しかった。少し甘味があり絶妙な味だった。あまり美味しいので2杯も飲んでしまった。店の人に聞くとやはり味噌汁は人気があるようだ。近くに通ったら是非食べて見てください。最高の味です。

しばらく歩いていると写真仲間の友人から電話が入った。わざわざ行橋から会いに来てくれるようだ。この先の宇佐神宮で待ち合わせすることにした。12時15分に神宮に着く。私が武蔵号を引いて歩いている時の写真がなかったので記念に何枚は写真を撮ってもらう。

それから神宮内の喫茶店に入りしばらく旅の話や写真の話をする。久しぶりの再会なので時間が経つのを忘れるぐらいに話し込んだ。1時間ぐらい話をして店を出ると、渡すものがあると言って、車の中から、みかん、お茶、お菓子の入った袋を渡された。いずれも私の好きなものばかりだった。感謝の気持伝えて別れた。

14時に道路沿いにマクドナルドがあったのでしばらくブログの更新を行う。17時前に10号線バイパスに出る。この辺りは見覚えのある風景ばかりだ。今日はこの先の今津駅でテント泊予定だ。駅は国道からかなり離れているので道を聞きながら歩く。

途中コンビニがあったので弁当を食べて18時40分に駅に着く。思ったより大きな待合室でドアがあり暖かそうだ。但し、営業時間は過ぎていたが駅員がまだいるようなのでしばらく待つことにした。少し早いと思ったが20時過ぎにテントを張る。最終列車が通ってから駅員が来て、出て行ってくれと言われそうな不安があったが何もなかった。おかげで良く眠れた。




                   今日の写真




            お世話になった中山香駅
f0213613_10295112.jpg




         テント回収が遅れたので駅員さんが来た
f0213613_10314475.jpg




                  残念な峠のゴミ
f0213613_10302028.jpg




                朝露に光るねこじゃらし
f0213613_10422715.jpg




              紅葉 背景の木は水面の写りこみです
f0213613_10424890.jpg




                 冬の木立                    
f0213613_10431123.jpg




                 古い納屋
f0213613_10434563.jpg




                宇佐市へ
f0213613_104494.jpg




                  八手?
f0213613_10443199.jpg




                 宇佐念法寺
f0213613_10444585.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-06 10:24 | 大分県  

ゴールまで後4日

12/4  晴れ


日本一周の最終地点の行橋まで今日を入れてあと4日の旅だ。北海道一周までは先へ先へと言う思いで歩いていたので何も感じなかったが帰り船のなかで、これから先の事を考えると気が重くなった。

まだ半分も歩いてないし、これから先、東北、関東、関西、岡山、それから四国を一周してさらに九州一周があると思うと大変な道程だなと思った。日本縦断で約3,000km、一周だとその3倍の約9,000kmはある。そんな思いを胸に抱きただひたすらに歩いてきた。

早くこの旅が終わらないかなと思ったりもしたが、もうすぐ終わると思うと反対にもう少し歩きの旅を続けたいと言う気持ちが沸いてきて名残惜しいような気がする。

昨日は大分駅近くのネットカフェにお世話になった。ナイトパックが20時からなので助かった。近くのマクドナルドでブログ更新を行う。帰りに吉野家で夕食をとり駅を目指して歩いていたら先日に会った自転車一周人の本多さんと偶然会った。彼は友人が出張で大分に来たので今から夕食に行く途中のようだった。偶然の再会を喜び互いの検討を願い別れた。

カフェを6時20分にスタートする。商店街を抜けると片側3車線の大きな道に変わった。歩道が広く、普通の車道の2車線分ぐらいの広さだ。歩行者と自転車用がそれぞれあって非常に歩きやすい。今まで色んな所を歩いてきたがこれだけ広い歩道は他に類をみない。

8時に田ノ浦と言う海浜公園が見えてきた。海岸の先に小さな島があり歩道で繋がっている。やしの木が点在していて南国宮崎のようだ。8時20分に高崎山に着く。うみたまごと言う大きな建物があったので聞いてみると水族館だった。そういえば昔から水族館はあったようだったが新しく立て替えたのしれない。

9時半に別府市内に入る。ジョイフルがあったので豚汁定食390円を食べる。ご飯が大盛りでもOKなので助かる。10時に別府駅の横を通る。温泉でもゆっくり入りたいがそんな暇はない。13時に今度はうどん定食、豪華なうどんの定食のようだが860円とは少し高い。2回分の食費だ。高いと言って出る訳にいかないので仕方なく食べる。まずまずの味だった。

しばらくいくと日出町の分岐点に出る、左が10号線だ。この先坂道が続く。思ったより坂は長く峠の上まで1時間近くかかる。表示板には赤松峠と書かれている。

15時55分に杵築市に入る。この辺りは田舎で宿泊出来そうなところはない。この先に中山香と言う駅があるのでそこまで行くことにした。中村と言う信号を左折して20分位歩くと駅はあった。時間を見ると17時20分だった。駅前では地元の方が正月用の門松を作っている最中だった。高さが2m位ある立派な門松だ。全て手作りで作ったようでこの位の門松を業者に頼むと10万ぐらいかかると言うので驚いた。

駅は19時まで駅員がいるのでそれまで待合室でブログ更新をする。時間が経つにつれて待合室の温度が急激に下がってきた。こんなに寒くて寝れるのかなと思った。




                     今日の写真



               お世話になったネットカフェ
f0213613_14143544.jpg




             860円のうどん定食
f0213613_14145541.jpg




                  漁
f0213613_14245899.jpg




             10号線道路拡張工事1
f0213613_14252390.jpg




                    2
f0213613_1426255.jpg




                    3
f0213613_142623100.jpg




                   昼下がり
f0213613_14264759.jpg




                   散歩
f0213613_14271592.jpg




                 ? コンサート準備衣装
f0213613_14274191.jpg




                   願成就寺
f0213613_14282871.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-04 18:44 | 大分県  

貰った弁当

12/3 曇り時々雨


昨日は野津町の旅館えびす屋にお世話になった。久々に風呂に入れて極楽だった。旅館や民宿に泊まると寝るのはブログ更新や写真の整理ではいつも12時近くなる。朝、7時起床、起きるのが遅れたので慌てて、スタートの準備をする。

7時半スタート。雨は降ってないが雨上がりで足元が悪い。風が冷たくもう冬の気配を感じる。5分もしないでコンビニ、今日はおにぎり弁当と久しぶりにインスタント味噌汁を買った。店の前の座って朝食、弁当を食べながら味噌汁を飲もうとしたら手が滑って全部溢してしまった。なんてことだ。勿体無いなと思ったが犬ではないのでいくらなんでも飲めない。

しばらく行くと吉四六の里と書かれた人形が立っていた。どんな人か分からなかったので調べたら 「吉四六さん」は、とんち・奇才で有名な方で初代廣田吉右衛門(1628年~1715年)がモデルと言われているようだ。古くからそのとんち物語が語りつがれ今なお人気のすたれることを知らない「吉四六さん」は、その当時から年貢のとりたてに苦しむ庶民の味方になったり、つらく厳しい時代であっても、庶民の相談役となり持ち前のとんち・奇才で人々の難儀を救ったと言われていて、そのとんち話が現在も230話ほどが代々受け継がれていると言うことです。

9時過ぎ道路と並行して古い眼鏡橋があったので写真を撮ることにした。杵築市指定、戸上橋と書かれているだけで他は何も書かれてない。歴史的背景等書かれていればありがたいのだが。組写真形式で何枚か写真を撮っていった。

しばらく歩いていると田んぼの中に石仏があるのが見えた。車の整備工場の人に許可を貰って写真を撮ることにした。1反位の田んぼの中に田の神様だと思う石仏は4体置かれている。周りは稲が刈られた状態で写真を撮りやすかったが田植えの状態で撮れればまだ素晴らしい写真になるだろうなと思った。

10時に大野市犬飼町に入る。今日は朝から少し風が強いなと思っていたが、段々風の勢いが強くなり歩くのに抵抗を感じるようになった。時折方向を見失ったような風が吹き枯葉が吹雪のように舞っている。

12時前、大型クレーン車から70歳ぐらいのおじさんが降りてきた。「歩きの旅ですか、もう仕事が終わったので良かったらこれ食べませんか」とお握り2個とパンを頂いた。私が「ありがとう」と礼を言ったら「私は家で食べるので」と言って去っていった。車には大南クレーンと書かれていた。

せっかく頂いたので道路の橋に腰かけて食べることにした。弁当を開くとお握り2個とサンドイッチが入っていた。お握りは普通のもので、サンドイッチに黒っぽい肉にのような物が挟んでいたので、手っきり肉だと思って食べたらなんと黒砂糖の固形が入っていた。こんなサンドイッチを食べるのは初めてだったが思ったより美味しく、疲れた時には最適のパンだなと思った。

しばらく歩いていたらコンビニがあったので今度はインスタントラーメンを食べることにした。先ほど食べたばかりなのに自分でも食欲旺盛だなと思った。13時過ぎ大野川を渡る。あと15kmぐらいで大分市街地に着きそうだ。15時に大分川、大分駅までもう一息だ。しばらく行くと道路沿いに鯛焼きが売っていたので2個買って食べる。薄皮の鯛焼きは好物なので店があれば必ず買って食べている。

大分駅に16時30分に着く。この大分駅にも忘れられない思い出がある。最初に100kmウォーキングにチャレンジしたのが30年前の大分駅~行橋(自宅)だ。この駅から自宅まで112kmを27時間かかって歩いたのだ。その時は二度とこんな馬鹿なことはしないどと思っていた。その後、日本一周にチャレンジするとは想像もつかなかった。

自宅まであと112kmの距離だ。普通だったら3日もあれば歩ける距離だが最後の旅なのでゆっくり旅を楽しみながら歩きたいと思っている。行橋のスタート地点(市役所)には7日の火曜日の12時に着く予定です。

近くにネットカフェがあったのでナイトパックの時間と料金を確認して、この先のマクドナルドまで行きブログ更新を時間までする。



                    今日の写真



             お世話になったえびす旅館
f0213613_18133530.jpg




                吉四六さん   
f0213613_18135170.jpg




               貰ったお握り                
f0213613_18141267.jpg




              これだけ宣伝すれば当たるかも知れない
f0213613_18143216.jpg




               古い窓  紅葉
f0213613_18473187.jpg




               藁ノパターン1
f0213613_18474913.jpg




                     2
f0213613_1848547.jpg





               戸上橋(眼鏡橋)1
f0213613_18484260.jpg



                    2
f0213613_184825100.jpg
             


                    3
f0213613_1849137.jpg




                 田の神様
f0213613_1849245.jpg




                鷺の群れ
f0213613_18493966.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-03 18:04 | 大分県  

雨の試練

12/2 曇りのち雨


昨日は直川駅にお世話になった。駅舎がなかったのでトイレの前に張った。軒は少しあるが左右は何もなく寒そうだった。ブログはトイレの電源を借りて1時間ぐらい更新した。21時過ぎテントを張って寝たが思ったより寒く防寒完全武装しても防げなかった。これ位の寒さで眠れないとは情けないなと思ったが、寒さに慣れてないせいかとうとう朝まで眠れなかった。

駅を6時20分にスタート。12月に入ってから急激に寒さが増してきた。今日も朝から寒く、指先がジンジンして痛いぐらいだ。9時前に小さな商店があったので簡単なパン食を食べる。9時半佐伯の道の駅に着く。横にうどん屋があったのでうどんとお握りを食べさらに先を目指す。

この先、道はアップダウンが続きトンネルが何箇所か続く。11時過ぎから雨がぱらついてきた。30分もしないで本降りの雨になる。雨脚が強く土砂降りの雨だ。道路は急激な雨で川のように水が流れている。5分もしないで靴の中まで水が浸透してきた。しばらくいくと道路沿いに小屋があったので少し休憩させてもらうことにした。20分位休んで、又、雨の中を歩き出す。

坂道が続き汗でカッパが蒸れて気持ちが悪い。13時10分に峠の上の中の谷トンネルに着く。トンネルを抜けて坂道を下っていたら、武蔵号が急に重くなった。タイヤを見るとなんと左車輪がパンクしているではないか。雨は降るしパンクはするし、簡単にはゴール出来ないなと思った。

自動販売機の小屋があったので軒下を利用してパンク修理に取り掛かる。タイヤには異常はないようだ。チューブを外して空気を入れて漏れる箇所を調べようと思ったが水を入れた容器がないのでチェックが出来なかった。どうしようかなと思っていたらポイ捨ての牛乳の容器が目についたので雨水を入れ破れ箇所を確認した。小さな穴が一箇所破れていたのでゴムのパッチで補修した。修理は30分位で終わった。やれやれだ。

16時過ぎ野津市に入る。しばらく行くと食堂があったので夕食(しょうが焼き定食)を食べる。今日は雨で身体が濡れているしテント泊は厳しいのでこの先のえびす旅館(素泊まり3,600円)に泊まることにした。


               今日の写真



               お世話になった直川駅
f0213613_2034283.jpg




               冬に菜の花?
f0213613_20361264.jpg




                 地蔵庵
f0213613_20432971.jpg



                 木立
f0213613_2043498.jpg



               パンク修理
f0213613_20351549.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-02 20:17 | 大分県  

宇目ドライブイン

12/1  曇り時々晴れ


昨日は道の駅でお世話になった。ある程度の寒さは覚悟はしていたがテントの中は思ったより暖かかった。上は長袖の下着にトレーナー、その上にジャンパー。下は当たり前だがパンツそれから、ズボン下、Gパン、綿入りのズボン、カッパの4点セットだ。これだけ着込めばいくら安物の寝袋でもいくらか寒さは防げる。

明けがた3時に一度目が覚めて、それからあまり眠れなかったが、寝袋の中でぐずぐずしていたら、いつのまにか6時過ぎていた。これはいけないと慌てて起きて準備をして6時40分にスタートする。

しばらく歩いていたら大きな分岐点に出る。左が326号、右が10号線、左折の道の方が立派だったので少し迷ったが地図を確認して10号線の方へ進む。道路の右手には北川と言う非常にきれいな川が流れていて透明度が高くエメラルドグリーンのような深みのある色をしている。自然が豊かで鳥や魚の楽園のような所だと思ったた。

8時50分に北川町に入る。川と反対方向を見ると民家が何やら工事をしているようなのでリヤカーを停めて見た。よく見ると家の嵩上げの工事をやっている所だった。近くにいたおじさんに聞くと、この辺りは水害の多発地点で昭和18年ぐらいから大きな水害に5~6回もあっていて水嵩が鉄橋(線路)のすぐ下ぐらいまで上がってくるといっていた。大きな柱で組んだやぐらのような台で家を1,5m位、嵩上げしている。この後にコンクリートの土台の基礎工事をするようだ。記念に写真を何枚か撮る。

朝から3時間近く歩いているが商店や食堂は全く見当たらない。お腹がぺこぺこで腹がぐーぐーいっている。10過ぎ市棚と言うところにやっと1件、小さな商店があった。おにぎり4個セットとアジの南蛮焼きと言うおかずを買い店の前で食べる。何れも美味しくて満足だ。これでこの先の峠も難なく歩けるだろう。

しばらくアップダウンの道が続いたが勾配が緩やかなので問題なかった。13時に宗太郎トンネルを通る。この宗太郎峠は29年前九州一周継ぎ足しウォーキングでに歩いた事があり、大変怖い思いをしたので今でもその時の事は忘れない。

当時、ここを歩いたときは丁度、夜で少し疲れたので道路沿いのガソリンスタンドで休憩させてもらった。スタンドの人が「今からこの道を歩くのですか」と聞くので「ハイ」と答えると「夜は車で通っても気持ちが悪いのによく歩いて通れますね」と言った。

この時は宮崎を目指して歩いていたのでこのまま歩くしかなかった。しばらく歩いているとスタンドの人が言っている事がよく分かった。車はほとんど通らないし、道の両側は木がうっそうと茂っていて時折、鳥が「ギャーギャー」と鳴いていて非常に気持ちが悪かった。

それから少し歩いていたら交通事故死亡現場と書かれた看板が立っていた。これでさらに気持ちが悪くなり、お化けでも出るんじゃないかと、おどおどして歩いていたら、なにか、ぼんやりと白い物が見えた。よく見ると人の姿をしているではないか。ウワーお化けだ思った瞬間、頭の家が総立ちになった。こんな経験は初めてだったので今でも忘れる事が出来ない。実はこの白い姿はお化けではなく警察の人形だったのだ。疑心暗鬼とはこの事だろうと思った。

14時過ぎ道路沿いに「発砲注意」の看板が立っていた。この看板の意図が分からなかった。どうやって注意すればいいんだろうかと思った。音がしたら避けろとでも言うのかな。?14時35分に道路沿いに宇目ドライブインがあったので食事をすることにした。うどん定食を食べていたら、ここの主人がこの店は自転車や徒歩の旅人がよく立ち寄るところで今までに何十人もの人が来たと話していた。

その中の一人で82歳で自転車で日本一周をしている方がいて、夜ここに来て何処でもよいので泊まらせてくれといったので2階に泊めさせたと言った。その方は朝早く出たので話は出来なかったが、どうも長崎で体調を崩して2ヶ月間入院して、それから又、旅を再開したそうだ。

新聞でその方の事故のことが出ていたので驚いたと言っていた。記事の内容は詳細は分からないが自宅まであと20kmと言う所でトンネル内でトラックに撥ねなれて亡くなったと書かれていたそうだ。その方の話は噂で聞いてはいたがここまで詳しくは知らなかった。私も最後の最後まで油断しないで歩かないといけないなと思った。

16時過ぎ、自転車の旅人と出合った。自転車で日本一周中で名前は本多君、まだ26歳の若者だ。すでに北海道は回って来たが四国はまだのようだ。これから福岡まで行って、親戚の方に自転車を預けて飛行機で沖縄に行って向こうでバイトをしたい言っていた。私の事は北海道で噂に聞いていたらしく会えて良かったといっていた。お互いに写真を撮りあって、じゃあ元気でと言って走っていつた。

今日は佐伯の道の駅までいければと思っていたが写真を撮る場所が多く、坂道が続いたので今日は直川の駅でテント泊することにした。ところが駅にいってみるときれいなトイレがあるが駅舎はなかった。仕方ないのでトイレの前の軒下にテントを張ることにした。



              今日の写真



             お世話になった道の駅
f0213613_2071887.jpg




               今日の朝飯
f0213613_2073141.jpg




               大分県突入
f0213613_20751100.jpg




              日本一周中の本多君
f0213613_208129.jpg




             古い蔵を復元したもの
f0213613_20234474.jpg




                  竹模様
f0213613_2024058.jpg




               北川町の嵩上げ工事1
f0213613_20241894.jpg




                      2
f0213613_20243730.jpg




                      3
f0213613_20245739.jpg




                  竹林
f0213613_20251970.jpg




                  晩秋
f0213613_20254082.jpg




                 秋の日
f0213613_2026044.jpg




                 古い墓
f0213613_20261915.jpg




                    花?
f0213613_2026356.jpg

[PR]

by musashigaiku | 2010-12-01 20:04 | 大分県